夜行バスで旅費節約、快適移動を叶えられることを知っていますか?

バス調べ隊

節約旅行をしたいあなたにピッタリ

お得な早割を狙う

東京~大阪間を走る夜行バスはたくさんあります。その中でも安いところを見つける為には、あらかじめいくつかのバス会社をピックアップしておきましょう。バス会社の中には、乗車予定日よりも先に購入することでお得な早割を適用させるところもアリ。
それがどれほどお得になるのか気になるところですよね。それが通常よりも3分の1になることもあるんです。逆に当日購入するとなると高くなりますよ。

チケットの支払いはコンビニOK

ネット上で購入した夜行バスのチケット支払いは、コンビニで行なうことも可能です。24時間営業の為、自分の空いたタイミングを見つけて支払いを済ませやすいですね。
レジで受け取った領収書がチケット代わりになるので、乗車する当日までなくさず大事に保管しておきましょう。

往復はさらに安くなる

夜行バスを運行しているバス会社のほとんどが、片道から往復までのチケットを自由に選択できるようにしています。東京~大阪間を走る夜行バスも同じく、往復プランも販売されているので、片道を単品で購入するよりも安くなりますよ。
時間の都合が合うなら行き帰り両方共夜行バスにしませんか。飛行機や新幹線と比べて移動の時間は掛かりますが、財布への優しさはピカイチです。

旅行の計画を立てよう

旅行が趣味だという人にとって、旅行のスケジュールを立てることは楽しみの一つになりますよね。節約重視になるなら、どれだけ安くなるのかといろいろ比べるのも楽しいもの。

落ち着く夜行バスを選ぶPOINT

no.1

シートの数

シートの数によって、夜行バス内での快適性は大きく変わります。最も多いのは4列、少ないのは2列です。長時間の移動中に、他のお客さんのことを気にしたくないなら2列や3列を選ぶのがベストですよ。

no.2

車両設備の充実性

夜行バスに乗る場合、長時間過ごす為に暇つぶしになるアイテムは必須!スマホやボータブルプレーヤーを持ち込むならコンセントは欲しいところですよね。また、トイレ完備のバスにも安心できます。

no.3

料金の安さ

夜行バスのメリットと言えば料金!同じ距離を移動するにしても、新幹線や飛行機より安く財布に優しい旅行が叶います。さらに安くするなら早割も狙って。

no.4

乗り場の近さ

ほとんどの夜行バスは足を運びやすいよう、主要駅に乗り場を設けています。もしも自宅から遠いという場合には、いくつかの停留所に停車する夜行バスを選び、途中の停留所から乗車することもできますよ。

no.5

停留所の数

停車する停留所が少なければ少ないほど、目的地に到着する時間も短くなります。休憩を兼ねるサービスエリアを除き、全く停車しない夜行バスもあるので時間の短縮化を狙えますね!

【PR】
夜行バスで東京や大阪へ旅をする。
激安価格!思わず顔がニンマリ。

バスの中でも爆睡!あると便利な快眠グッズ

首も痛くならない!ネックピロー

夜行バスの中で寝る!という判断をとる人は多いもの。でもリクライニング機能があると言ってもそのまま寝るのはしんどいですよね。そこで役立つのがネックピロー。まくらの代わりになるので寝るのも辛くないですよ。

あたたか~いブランケット

冬に走る夜行バスの車中は、暖房がきいているとしても少し冷えるもの。少しでも暖まる為にブランケット1枚あると助かりますよ。女性の場合、冷えは大敵!荷物にスッと入れておきましょう。

足元も暖かく、厚手の靴下

ブランケットだけでは寒さをしのげない、というときには車内だけで履く厚手の靴下もあると便利ですよ。これは冬だけに限りますが、あるとないとでは大きな差があります。

寝顔を守るマスク

カーテンのある夜行バスなら心配はありませんが、そうでないなら寝顔がおっぴろげの状態に。寝顔を見られたくないならマスクを常備させておきましょう。喉の乾燥防止にもなるので一石二鳥!

隠すのは目元だけ?アイマスク

全体的に車中の明かりを暗くしているものの、どうしても寝付けないならアイマスクがあると便利かも。目の前の明るさがシャットアウトされるので、ぐっすり熟睡することもできますよ。

広告募集中